拘りの注文で高品質な仕上がり

格安デジカメプリントでも紙質は考えよう

デジカメのメリットはデータで写真を保存し、好きな時に見ることができるというものですが、ただデータとしてカメラやパソコンなどに保存しておくだけというのはもったいないですよね。やはり写真はプリントして必要な時にすぐ見れるようにしておきたい、そういうニーズも常にあります。そんな時に頼りになるのがデジカメプリントサービスですが、その価格や品質はピンキリとなっています。
おおよそ1枚当たりのプリント代が5円~10円程度であれば格安と言っても良いと思いますが、この場合は少し紙質には注意をしておいた方が良いでしょう。紙は劣化するものですから、保存環境によってはすぐに痛んで本来の美しさを損なってしまうかもしれません。そう考えると、大事な写真であるほど良い紙に残しておくべきでしょう。また、画質をしっかり再現するという意味でも、やはり品質の良いプリント用紙を使っていると写真の美しさが際立ちます。
デジタル一眼レフの写真なら、かなりの差が見て取れます。格安デジカメプリントをしているところだとしても、プリント用紙については多少割高にはなりますが選べるところもたくさんあります。たくさんプリントして配布するなら安いものが助かりますし、保存用の写真であれば高品質の紙にしてもらうなど使い分けると良いでしょう。

格安デジカメプリントのためのデータの知識

デジカメプリントの中でも、格安デジカメプリントと言われるものになると、1枚あたりの料金が10円もしないことも多いです。もちろん、サイズやプリント用紙の質にもよりますが、そんな価格でフルカラーの写真が手に入るというのはすごいことです。そんな格安デジカメプリントを依頼するときには、ネットで注文してデータを送付し、後日プリントされたデータが送られてくるのが一般的なのですが、ここでしっかり理解しておきたいのはデータのサイズについてです。
データのサイズは「データ容量」についてと「写真データの画素数」の両方を考える必要があります。データ容量についての上限はお店によって違いがあります。データ容量は大きいほど画像はきれいになりますが、送信時間も長引き、そのために不具合が生じる可能性も高まりますから注意してください。画素数は、「1200×800」などで示される画像の品質を示す数字です。
店舗で使われているプリンターによって違い、業務用で多く見られる320dpiのモデルであれば、およそLサイズの写真で1600X1200ピクセルの画像までならきれいに再現することができます。これより小さいデータでもプリントは可能ですが、拡大しての印刷になるので仕上がりは下がり、大きいデータの場合は上記のデータ量が品質の上限となります。どのデバイスで撮影するとどのくらいのデータサイズになるかは気にしておくと良いでしょう。

ニュース

2017/08/28
最適なサービス内容を更新しました。
2017/08/28
拘りの注文で高品質な仕上がりを更新しました。
2017/08/28
損をしない注文のコツを更新しました。
2017/08/28
スマートな印刷テクニックを更新しました。